鉄道模型初心者でも出来るジオラマの作り方

青い車両

鉄道模型を始めた当初は、主役である鉄道の方に目が向いているのですが、徐々にレールや車両の数が増えてくるとレイアウトなどにこだわるようになってきます。この頃になると鉄道模型に関しては初心者を抜ける頃だと思うのですが、大抵の鉄道模型ファンは、よりリアルな世界観を求めて、ジオラマをつくりたいと願うようになってきます。

幸いにも商店や道路など様々なアイテムが完成品として売られているので、全てを手作りで行わなくても良い時代にはなっていますが、依然として山や川などの風景に関しては、自作で行っている人が多いのが実際の所になっています。

いくら鉄道模型にかなり詳しくなったといってもジオラマの作り方に関しては、少々知識も違いますし、工作的な要素も充分にあるので、デザインセンスや手先の器用さなども求められてくるようになります。これまでにプラモデルなどをつくってきた人であれば、鉄道模型のジオラマ関連の本などを参考にしながら、自作で作る事も充分に可能な事だとは思いますし、金銭的なゆとりがあるのであれば、多少の失敗も経験のひとつとして考えれば、先々で役に立ちます。一方で、全く自信がないという人の場合は、ジオラマの作り方が学べるスクールなどで、基本から学ぶ事も大切だといえます。参加者も特に鉄道マニアという訳ではなく、年齢も小さなお子さんから大人まで様々ですし、指導をしてくれるスタッフも細かいポイントまで、丁寧に教えてくれる教室が多いと言われています。

ショップで運営をしている場合もありますし、模型のメーカで行っている教室もありますので、興味のある方は、そちらで作り方を学んでみても良いといえます。

ジオラマ

製作のヒントがイベント会場に!

4本の線路

鉄道模型のジオラマ製作をする時、人が製作したものを見る事で製作におけるコツやヒントを学ぶ事が出来ます。

例えば、鉄道模型を趣味としている人のブログ、模型を販売しているお店が製作したジオラマなどは、これから製作を検討する中で、ここはこのようにすれば良い、こうしたやり方もあるなどを学べるわけです。しかも、インターネットの中にはこうした情報が満載であり、写真を目にする事は製作におけるノウハウなどを学べる材料と言えましょう。

鉄道模型はイベントの中でもジオラマを展示して、訪れる人々の鉄道の模型やレイアウトの魅力を伝えてくれます。展示が行われている模型やレイアウトなどは実際に手で触れる事は出来ませんが写真では分かりにくい、違った角度からものを見る事が出来るなどのメリットがあります。写真の場合は一方向から見ているものを捉える事は出来ても、裏側から見た時にどのようになっているのかは、別の角度の写真がなければ分かりません。

しかしながら、イベント会場や展示が行われているジオラマなどの場合は、自分が動く事で色々な角度からものを見る事が出来るので作り方のポイントを掴みやすくしてくれます。尚、イベントは鉄道模型の製作メーカーなどが主催になって行われるので、情報を入手する時には模型メーカーのウェブサイトや個人のブログなどで情報を集める事が可能です。さらに、会場によってはその場でパーツ類の販売などが行われているケースもあるので、これから製作を考えている人などにもお勧めです。

鉄道模型

初心者にお勧めのキット品

古い町並み

初心者が鉄道模型のジオラマの作り方を学ぶのにお勧めなのがキット品です。

必要な材料がすべて揃っている、作り方のガイドが添付してある、ガイドに従って製作すれば完成度が高いものを作れるなどの魅力を持ちます。

ちなみに、鉄道模型のジオラマはNゲージやHOゲージなどの模型列車を自走させるためのレール、これに情景を配置した運転施設で、山間部を走る鉄道、都会の中を走る鉄道、山間部から都会へ走る抜ける鉄道など、好みの背景を作って楽しめるなどの魅力があります。

部屋の中が狭くて大きなレイアウトを作る事が出来ない場合でも、コンパクトサイズに収まるものを利用すれば、鉄道模型を自走させる、それをビデオカメラで撮影して映像として楽しむ事も出来ます。楽しみが広がるのも鉄道模型の魅力です。初心者の場合には、材料を購入して山を作る、木や建築物、駅舎などは完成品を購入する方法もありますが、駅舎一つでもキット品を使えば作る楽しみを味合う事が出来ます。大きなサイズでなければならない、エンドレスで走行するレイアウトが必要と感じている人も多いかと思われますが、ジオラマはほんの少しのスペースでストーリーが完結出来るなどの魅力があります。例えば、A2サイズ程度のベニア板の上に、レトロな雰囲気の村を製作する、そこには昭和の時代に活躍した青や茶色の客車が蒸気機関車の後方に接続されているなど、雰囲気を楽しめるのが鉄道模型のジオラマであり、それを簡単に制作出来るのがキット品です。