背景にこだわりたい人へ

汽車がトンネルから出る

蒸気機関車は昭和の時代に活躍したもので、鉄道模型には蒸気機関車をリアルに表現しているなどの魅力があります。

蒸気機関車が走行するイメージの中には鉄橋の上を煙を立ち上げてながら走る様子、田園地帯を勢いよく蒸気を出しながら力強さを見せるイメージ、山間部を蒸気機関車2両で、客車や貨物を引っ張る様子など、人それぞれイメージするものは異なっていても、何らかの背景をイメージの中に入れて考える人は多いと言えましょう。

鉄道模型のジオラマは、情景や背景にこだわりを持たせる事が出来るなどの魅力を持っています。レールの上を蒸気機関車を自走するだけの楽しみ方よりも、風景をジオラマの中に取り入れて、鉄道模型を走らせる事で、本物の鉄道車両や蒸気機関車が走るのと同じようなイメージを作り上げてくれます。

ちなみに、ジオラマはこうでなければならないなどはありません。自分がイメージするものを形にするのが大切で、作り方の基本を学んでおけば誰にも作る事が出来ます。部屋の中で楽しむ事になるわけですが、テーブルの上に置いたままにしておけるケース、その都度片づけなければならないケースなどに応じて、製作するサイズが変わって来ます。仮に、その都度片づけなければならない場合でも、収納の中に保管しておけるサイズを考える、ジオラマは作り方次第では分割して保管する事も出来るので、鉄道模型で楽しむ時にはそれぞれを繋ぎ合わせて、全体の背景にして楽しめるようになります。