ケースに収めればインテリアにも最適

道路と線路

鉄道模型のジオラマの作り方を学ぶ方法としてお勧めなのが、人が製作したものを数多く見る方法です。

手先が器用な人などの場合、キット品などを使わずにすべてのパーツを一から製作を行い、作品としてネットの中で公開している人も少なくありません。単に写真だけを掲載するのではなく、それぞれのパーツの作り方が解説してある、材料には何が利用してあるのかが明記してあるサイトを選べば、初心者でも材料を手に入れる事で同じようなジオラマ製作が出来ます。

ちなみに、模型店や鉄道模型のイベント会場、展示会の時には、店舗内や会場内に巨大なジオラマが展示してあり、そこには色々な車両の鉄道模型が自走しているなどのシーンを見かける事も少なくありません。

こうした展示物を製作したい人も多いかと思われますが、家の中が狭いので、コンパクトサイズのものを製作して楽しむ人が大半ではないでしょうか。レールのレイアウトにより、自走するエリアをエンドレスにする事も出来ますが、ジオラマの本来の目的は情景を持つ空間を作る事であり、必ずしもエンドレスで自走するレイアウトだけではなく、情景を持つ景色を作り上げる、それをプラスチック製のケースに収めて鉄道模型を展示するなどの楽しみ方もあります。ケースを選ぶ時には、横長サイズのものを選んでおけば、サイズに応じて電気機関車だけをレールの上に載せて観賞する事も出来ますし、地方などで活躍するディーゼルエンジンの気動車を2両連結して観賞用として使う事も出来ます。