ジオラマの高低差は粘土を使う

トンネルへ

鉄道模型を販売しているお店に出掛けると、お店の中にジオラマが作られている、そこには無数の模型車両がレールの上を走行しているシーンを見かける、なども多いのではないでしょうか。

鉄道模型は自走させるレイアウトがある事で、より楽しめるコレクション品でもあり、家の中の限られたスペースにレイアウトを作り楽しんでいる人も多いと言えましょう。

作り方の基本の一つに、材料にはどのようなものがあるのかを把握しておく事も大切です。

完成された建物や鉄橋、そして駅舎などを配置するだけではなく、実際の光景と同じように高低差を設けてあげる、森林地帯を作る時にも、山を作る事でリアル感を出す事が出来ます。制作用パーツの中には、最初から完成されている山の模型もありますが、粘土を使う事で好みの形の山を作る事が出来ますし、粘土で作る山などは完成されているものではないので、大きさや形などはジオラマに合うものを製作可能です。ちなみに、紙粘土などの場合は時間の経過と伴に硬くなるので、形が崩れない、色付けが出来るなどのメリットもあります。鉄道模型のお店に行くと、砂に見立てるパーツがあるので、こうしたパーツを山の表面に振りかける事で自然の山と同じような景観を作りだせます。尚、砂に見立てるパーツを使う時には、最初に接着剤を表面に塗布してから、均等に覆うように付けてあげるのがコツです。さらに、パーツには色々な色が用意してあるので、好みのジオラマを製作する事が出来ます。