フィギュアで人がいる風景を作る

フィギュアが2体

鉄道模型を楽しむ人の中には手作りでジオラマ製作を行う人も少なくありません。ジオラマは建造物や人物などの模型を配置して、情景を立体的に作り上げる3次元模型の総称です。

例えば、鉄道模型のレールをベニアなどの合板の上に敷き詰める、途中に駅舎を置く事で電車が停車する駅を作れます。さらに、立体交差を作れば、上側と下側には異なる鉄道模型を自走する風景を作る事が出来るようになります。

但し、ジオラマは必ずしも鉄道模型を自走させるだけではなく、限られた空間の中に情景を立体的に作り、それを透明のプラスチック製のケースに収めて眺めて楽しむ方法もあります。尚、風景の中に何を入れるのかを考える、配置を考える、パーツ類を自作するなどの楽しみ、そして完成した時の満足感があるのが特徴で、風景の中にフィギュアを配置する事で、人が歩いている、もしくは駅舎で電車を待つ人がいるなどの風景を作り出す事が出来ます。ちなみに、HOゲージやNゲージなどの鉄道模型はそれぞれスケールが異なるため、フィギュアを選ぶ時にはスケールを考えて購入するのがお勧めです。模型を販売しているお店の多くが、ジオラマに最適なフィギュアでもある小さな人形を販売しているので、風景に合う人形を買い揃えておく事が、作り方のポイントの一つです。

例えば、都会の風景であれば洋服を着た人形が情景にマッチしますし、田舎の風景の中には農作業を行う人形や自然の中で遊ぶ子供達の人形などを買い揃えるとリアル感が高くなりお勧めです。