自宅でのジオラマの作り方

デジタル車両

自宅で鉄道模型のジオラマを作るにはどうすればよいのかというと、まずはなんと言っても電車が走る基本となるレールの設置から始めます。枕木は購入する事が出来るので必要な分購入し、自分の好きなように組み合わせて作っていきます。線路が動かないようにきちんと固定する為に、専用で売っている木製のテーブルや発泡スチロール、コンクリートなどを土台として使うと良いです。線路に砂利をまいたら、水溶性のボンドを垂らしてくっつけていきます。こうして線路が出来上がったら、しっかりと乾かします。

土台とレールを設置する事が出来たら、次に風景を作っていきます。この時のポイントは全体の構成をある程度決めてから作る事が大切です。やみくもにどんどんいろんなものを設置するのではなく、大きな山などの地形や建物等から作っていくと効率よく作る事が出来ます。

山や丘は、発泡スチロールや紙を重ねながら作っていきます。少し難しいですが石膏を溶かしてそれらにかけてみるとなだらかで自然な斜面を作る事が出来ます。山の中にトンネルを作りたい時は、市販されているレンガやコンクリート製のトンネル出入り口を使うと簡単です。地形が出来たら塗料で色を塗っていきます。

草木を作りたい場合は、スポンジを細かくしてそれをつまようじに付けて色を塗ればあっという間に樹木は完成です。このように鉄道模型のジオラマは自分で簡単に作れますし、たくさんの種類が市販されているので購入して作っている人も少なくありません。ジオラマの作り方は自由ですし、何が正解で間違いという事もありません。とにかく上手に作るコツは、市販されているものと自分で作ったものを上手く組み合わせていくという事です。