レイアウトを考える時のポイントと方法

白い車両が走る

情景や風景を持つ空間の事をジオラマと言います。

撮影や展示の際に利用する立体模型で、この空間の中に鉄道模型を配置する事で一つの世界が誕生します。

Nゲージは国内の中でも注目を集めている鉄道模型の規格であり、サイズ自体がコンパクトなどの理由からも、ジオラマを製作して室内に飾っている人も少なくありません。

幅が30センチ、奥行きが20センチなどのプラスチック製の透明ケースの中にレイアウトを作成して飾る人もいますし、倍のサイズのプラケースに収めている人など、部屋のスペースに合わせて自在に製作が出来るのもジオラマの魅力と言えましょう。作り方のポイントは何を作るのかを明確にした上で、限られたスペースの中にレールをどのように敷き詰めるのか、空間の中にどのような構造のパーツをどこに配置するのかを決める事にあります。山間を走る鉄道などの場合、トンネルや鉄橋などをレイアウトの中に入れる事で、自然の風景を持つ空間づくりが出来ますし、工業地帯を走る鉄道などの場合は、ジオラマの中にプラント工場を作る事で神秘的な空間を作りだす事が可能です。ちなみに、パーツ類は完成品を購入する方法もありますし、パーツから手作りする方法もあります。さらに、キット品などの場合は完成品にはない作る楽しみ、そして完成した時の満足感を得られるなどの魅力を持っています。尚、ネットの中には作り方を含めた形でレイアウトなどを紹介しているウェブページがあるので参考にするのがお勧めです。