夜景を取り入れる方法について

夜を走る

鉄道模型の車両の中にはランプが付いているタイプがあります。ランプはパワーパックからの送電で点灯するようになりますが、部屋の灯りを暗くすれば客車の内部のランプが点灯する、夜間を走る鉄道模型を楽しむ事も出来ます。

最近は、工業地帯などの夜景に人気が集まっていますが、こうした風景を鉄道模型のジオラマの中に取り入れる事で、神秘的なシーンを撮影する事も出来ます。

鉄道模型のジオラマは写真撮影やビデオ撮影にも最適なもので、単に模型をレールの上を走るだけではなく、周りの景色と併せて映像や写真に収める楽しみを与えてくれます。工業地帯のプラントをジオラマの中に入れたい時など、作り方はどのようにすれば良いのか分からない人も多いと言えましょう。

ネットの中で「工業プラント ジオラマ」などのキーワードを使って検索を行うと、個人が製作したもの、模型メーカーが製品化しているものなどを見つける事が出来ます。すべて手作りで行いたい人などの場合は、個人ブログの中で作り方の紹介を行っているので、パイプラインに使う配管はどのように製作すれば良いのか、薬品や材料などを溜めておくタンクの製作方法や完成品の写真などを紹介しています。尚、大きな模型店などに行くと、工業プラントで使うパーツ類の販売もありますし、照明器具が取り付けてあるものを利用すれば、夜景を持つ情景を作りだす事が出来るようになり、鉄道模型と工業プランとの融合を楽しめます。