魅力を引き出すためにペーパークラフトを利用

メガネと車両

Nゲージなどの鉄道模型はスケールが小さい割に、精密な作りであり、実物車両のミニチュア版と言っても過言ではありません。

日本の中ではNゲージのシェア率が高い理由には、精密性やコンパクトなどの特徴が挙げられます。

鉄道模型をより楽しいものにしてくれるのがジオラマです。風景や情景を一定の空間の中に作り上げる、そこにNゲージなどのレールを敷きつめて模型を自走させるのがジオラマの特徴です。最近は、風景の中に使う建築物、山や木などのパーツ類は完成品を購入する事が出来るようになっているので便利ですが、自分のイメージ通りのものが見つからない時には手作りがお勧めです。

手作りで行う時には、素材となる材料を決める事になります。材料には木材やプラスチック、金属、発泡スチロールなど、材料の種類を挙げれば切りがありませんが、手作り材料を決める時には加工のしやすさなども考えておくのが大切です。材料の中でも紙は加工がしやすい材料であり、ペーパークラフトを利用してジオラマ製作をするのもお勧めです。ペーパークラフトによるパーツ類の作り方はネットを利用する事でビルや家、店舗や駅舎、鉄橋や橋など、それぞれの作り方を知る事が出来ます。例えば、「ペーパークラフト 鉄道模型ジオラマ」などのキーワードで検索を行えば、作り方が掲載してあるウェブサイトを見つける事が出来ます。尚、材料は接着剤、ケント紙などの紙厚があるもの、ピンセットやナイフなどの道具類などを用意しておきましょう。