パーツ選びで雰囲気が変わる

鉄道模型のジオラマはレールのレイアウトを作成した後に、地形を作る、建造物や木などを配置する事になります。

地形を作る時には大まかな形を作り、そこにプラスターと呼ぶ乾きの遅い石膏を使って形を作り上げて行きます。プラスターは模型を販売しているお店に行けば入手が出来ますが、鉄道模型店などでも買う事が出来ますし、最近は通販店でジオラマづくりに必要な材料やパーツ類などを手に入れる事が出来るので便利です。ちなみに、プラスターは形を作るための材料で、ここに塗料を吹き付けてあげれば、地面を作る事も出来ます。

作り方の中で注意をしなければならない事は、塗料や材料などがレールの上に掛からないようにする点で、塗料を吹き付ける時などはレールにマスキングテープを使って目隠しをしておけば安心です。尚、山などをジオラマに入れる時、単に山を背景として使うだけではなくトンネルとして作りたいケースもあります。

トンネルは発泡スチロールなどを使って内部をくり抜けば簡単に作る事が出来ます。但し、そのままでは背景としての価値がないので、表面をサンドペーパーなどできれいに仕上げておいてから、油絵の絵の具やプラスターを使って形を整えるなどの作り方がお勧めです。尚、鉄道模型のレイアウトに使うパーツは選び方次第で、加工のしやすさや完成度の高さなどが変わります。最近ではインターネットの中でレイアウトについての情報を掲載しているホームページが多くあるので、こうした情報を活用するのがお勧めです。

車両が透ける図