ジオラマ素材として発泡スチロールを使用

赤い車両走行中

ベニアなどの合板にレールを接着してレイアウトを作ると、その都度レールを接続するなどのレイアウトの手間が不要になります。

鉄道模型のジオラマの基本は、こうしたレイアウト作りからスタートする事になりますが、単にベニアにレールを接着しただけではなく、風景を作る事で鉄道模型の楽しみが広がります。例えば、レールの片側には徐々に勾配を持つ山の裾野があり、その奥には大きな山を作る事で、自然の中を自走するジオラマを作る事が出来ます。

山や傾斜などを作る時には紙粘土などを使う方法、発泡スチロールを使う方法などがあります。発泡スチロールは加工性が高い材料の一つですし、身近な場所で手に入るので鉄道模型のレイアウトを作る時など便利です。

お店などでも販売していますが、電化製品を購入した時など、製品が動かないようにするための梱包資材として使われているので、保存しておけば製作する時にいつでも使えるので便利です。作り方は、カッターを使って適当なサイズにカットする、形を作る時にはサンドペーパーを使って削る、トンネルの穴を開ける時などはカッターを使ってえぐり取るように穴を開けて、表面をきれいに仕上げる時にはサンドペーパーで凹凸を取り除くなどの方法で加工が出来ます。このように、材料自体が加工しやすいので、鉄道模型のジオラマを作りたい時などの材料としても最適です。尚、発泡スチロールを接着する時にはボンドなどを使って行う事が大切です。