工具についての豆知識

組み立て中

鉄道模型のジオラマ製作に必要な工具は、材料に何を使うのかで変わります。

材料には紙、木材、プラスチック、樹脂、金属などの種類がありますが、材料をカットする、曲げるなどの加工に便利なのがニッパーやラジオペンチです。但し、金属などの場合は特殊なものが必要になりますので、ジオラマを製作する時の材料はプラスチックを選ぶのが便利です。

ちなみに、プラスチック製の配管でもある、塩ビ製の素材をカットする時に使うノコギリには柄が付いていないタイプと柄の付いているタイプがあります。柄が付いていないノコギリはホームセンターなどで100円~200円程度の金額で販売していますし、刃には色々な種類があるので、幾つか用意しておけば便利です。

但し、ノコギリで切断した際に、断面がギザギザの状態になるので、この部分を滑らかな状態にする事で品質が良いジオラマ製作に繋がります。この場合は、紙やすりなどを利用して断面をきれいにしておけば接合部がきれいに仕上がります。尚、紙やすりには目の粗さに応じて色々な種類が用意してあり、目の粗さの事を番手と言います。番手は番号になっていて、数字が大きくなるほど極細目になるのが特徴です。鉄道模型のジオラマの作り方や工具の選び方、材料の種類などを把握しておくと、鉄道模型の製作にもチャレンジが出来るようになります。ちなみに、鉄道模型の中には塗装が行われていない非完成品もあり、鉄道模型を作る楽しみもあります。